スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ととや市場 結 (ゆい)  Osaki ThinkPark Plaza

昨日、Osaki ThinkPark Plaza にある、<結> に行ってきました。
開店して1か月、落ち着いた雰囲気で、外からはとても感じ良く見えます。

010_20071125171733.jpg
 入口には水槽があり、フグなどが泳いでいました。
お店を入ったら、店長らしき人が「いらっしゃいませ。お寒い中わざわざお運びくださいまして有難うございます。」 と、とても丁寧に出迎えてくれました。ちょっとした一言が加わっただけでも嬉しいものですよね。

009_20071125171745.jpg
 お店は奥が深い造りで、この奥に通路と客席がもっとあります。全体的にゆったりしたつくりです。
カウンター後ろには日本酒、焼酎の瓶がたくさん! 期待度は膨らみ、お腹はさらに減っていきます♪


004_20071125171811.jpg
 まずはビールで乾杯っと! お通しは、おでん風に煮た餅入り巾着と練り物でした。 メニューは、やはりお魚がメインの様ですが、肉や野菜も結構ありました。どれもちょっとひねって、オリジナリティーがある感じ。有機野菜なども使用しており、手作り感がありました。 お鍋もおいしそうだったのですが今日は2人だったので、つまみ系をいくつか頂くことにしました。

005_20071125171821.jpg
 まずはmamalecの大好物、定番の出し巻き卵です。結構大きい!のでおどろきました。薄味で、中はやわらかく、ビールと相性ばっちり。食欲がよりわいてきました。前菜にぴったり、まずまずの出だしです♪

006_20071125171832.jpg
 中トロのお刺身。インドマグロです。厚めに切った中トロが鎮座しております。
さしは少なめで少々あっさり目の中トロでしたが、変に油臭くなく、値段がたしか、千円ちょっとくらいだったので、充分だと思います。おいしかった!

007_20071125171843.jpg
 蟹入りのシーザーサラダ と つくね。 サラダはカニの身がサラダの上にふんだんにかかり、カラ付きの足の部分も一つ入っていました。シーザーサラダに蟹って初めてでしたが、こちらのお店のドレッシングは割とあっさりめで、ドテッとクリーミーではなかったので、逆に蟹とマッチしていて、しつこく感じることなく完食しちゃいました。 つくねは、黄身に絡めて食べるスタイル。普通においしかったです。
ビールから焼酎に変更。 切り子のグラスに入って出てきました。底にも切り子文様が入っていて、とても素敵でした。 さらにお酒がすすみます (*^^)v

008_20071125171857.jpg
 「イベリコ豚の炙り焼き」と「クリームチーズの味噌漬け」
イベリコ豚は、薄切りを塩で炙ったもの。 イベリコって本当に、焼いただけでおいしいですよね~ 旨みのある脂ったら、もう・・・・  さらにお酒がすすみます(*^^)v

クリームチーズの味噌漬けは「どんなの~?」 興味しんしんで、頼んだ前菜だったのですが、最後に来ちゃいました。それがちょっと残念でした。 さてさて、大きな角皿におしゃれに盛られてきました。 クリームチーズは一口大で、西京味噌が上に塗られていました。チーズ自体にもほんのり味噌の味がしたので、味噌に漬けてあったようですね。意外と、と言っては失礼ですが、なんだか美味しいです。西京味噌なので、甘味があるのですが、このア甘しょっぱい味噌とクリームチーズがまろやかにマッチしていました。クリームチーズやブルーチーズに蜂蜜をかけるという食べ方がありますが、それに近い様な・・・
そして、そのチーズをガーリックトーストの上に大葉とともに載せていました。 大葉が加わったので、より、日本風カナッぺという感じでした。これは我が家でも早速試してみたいと思います。

店の造りからして、もう少し1品の量が少ないかなあと勝手に想像して、結構たくさんおつまみを頼んでしまいましたが、どれもきちんと量があり、ここまででお腹一杯になってしまいました。(*^_^*)
なので、お食事系は次回のお楽しみにとっておくことにしました。茶そばやご飯もの等、色々あって、おいしそうだったのですが・・・ 残念!

002_20071125171756.jpg
 忘れていました。 このお店、お店の中に離れの様な個室がありました。昔風の造りでおしゃれ。会食に良いなあと思います。

さて、2時間余り、堪能してお会計は二人で9000円弱。食べ物の内容から見れば、コストパフォーマンスは良いと思いました。
<又行こうリスト>に追加決定しました❤❤


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。