スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア田園生活 帰国~❤

長らく引っ張りましたが(笑)・・・・

イタリアからの帰国日がまいりまして~

普通、どこの国に行っても帰国する時は

「いやだあ~ 帰りたくない~!!」と思うのですが・・・・

今回は、正直待ちに待った帰国日になりました(^_^;)

姫とのお別れは本当に寂しく悲しいのですが が が が~~~
人間の本能とは恐ろしいものです。

 自分の世界に帰れる喜びの大きさったら・・・・ 言葉になりません(笑)


午前の便でローマに向かうため、学校のある姫とはお家でお別れ。063b.jpg

しかし、姫は、お別れ前だというのに、ペットと遊んでいます。親の躾が良いのか、立派に自立しております(笑)

ルンルン気分で(死語?)ローマに着き、国内線から、国際線のターミナルにトラムで移動します。070.jpg


今、ローマ空港はいたるところで工事をしているので、ずいぶん勝手が違っていましたが、それでも青空がとっても綺麗~~ で視界も良く気分は最高で、ございました。071.jpg


さて、国際線に入る前には、乗り換え専用のパスポートコントロールを通ります。

私の並んだ列の係官は若い男性でした。 で、私の前にはアメリカのパスポートを握ったバックパッカーの20歳位の若い女の子2人。その前が中東系の男性でした。

ここで、事件は起こったのです~~

中東系男性、私が見たかぎり、明らかにご立派なビジネスマンです。それなのに、パスポートを10分以上調べられ、他の係官を呼ばれ、すったもんだ・・・・ の末、とってもお怒りになり、通過されました。 

       イタリア人男性には少しばかり造詣の深いmamalec です(笑)

ここで、とっても嫌な予感がしましたが(深くは言いませんが、白人国家には、未だに色々な意見の方がいらっしゃいますので)列を変わることもできません。
運を天に任せてただじっと待つのみです。

で、私の前のアメリカ人Girlがパスポートを出したら、この係官、英語で「ハァ~~イ どこに行くの~? へえ~ これがアメリカのパスポートかあ~」と雑談を始めたのです!!

Mamalec,「おいおい、初めてアメリカのパスポート見たわけじゃないだろう! 外見を見たら、
       さっきの男性より、こっちの小汚い二人の方が怪しいんじゃないのかい!!!!」
       とカチ~ン と来てしまいました。

そして、二人それぞれとの雑談を終えた係官と、乗り換えに時間が迫って、カリカリモード全開のmamalec tとの 対決になりました~~♪チ~ン♪

係官 無言で、手を上にあげ、「来い」 の合図~!

mamalec        黙って進み、英語で「Here you are」と言い、愛想笑いなしで、パスポートと、
              ビジネスクラスのチケットを渡す。

係官、 黙っ~~~て、パスポートを隅から隅までチェック、端末を叩き出し、
               何やらチェック(-“-)

mamalec        (調べたって何にも無いわよ~。このXX差別男!!!)と攻撃目線~~

係官 何と、無言でパスポートとチケットを、私に、投・げ・た~~~!!!

大人のmamalec、イミグレ職員と正面切って喧嘩したって勝ち目はないのは解ってます。

なので、パスポートとチケットを取りながら、イタリア語で
ご親切、どうもありがとうございます。 あなたはとても礼儀正しい お子ちゃまね!!と、嫌みたっぷりにお礼を言ってやりました。 フン!!(笑)

さてさて、そんな不機嫌な気分を忘れて、待ちに待った日本行きの飛行機に乗り込みました。


072.jpg
出発までの待ち時は、飲み物をくれます。もちろんスプマンテ。
久々に日本の新聞も貰い、ゆっくり読みながら、待ちましょう・・・・・

手すりにあるのはリモコンです。 073.jpg
これには、乗務員呼び出しやライトのSWもついてるので便利です。
シャワーみたいに見えるのは手元ライト。位置を細かく動かせます。

飛行機の醍醐味、御夕飯です~~。
074.jpg
まずは、スプマンテとナッツ~。

ワゴンサービスのパスタ。075.jpg
ショートパスタのトマトバジルソースと、ニョッキのグラタン風の2種類。 もちろんmamalecは2種盛り合わせ~~❤

076.jpg
メインはビーフと野菜の香草焼き。 赤ワインピノノワールといっしょに頂きます。

パンも、レストランと同じようにアツアツをバスケットでサービスしてくれます。077.jpg


                    078.jpg
食後のお馴染み、チーズと野菜とクラッカー。赤ワインで美味しく頂きましょう♪

デザートワゴン。079.jpg
ここから好きなものを盛りつけてもらいます。
ワインを飲んだmamalec, デザートはパス!! 写真だけとって、食後酒を頂きました。

080.jpg
乗務員さん、「僕の写真はいらないの~~???」と言うので撮りました(笑)
東京でおすし食べるの楽しみなんだと言っていました★


これは、着陸前の、朝食サービスです。081.jpg


オムレツ、ベーコン、ハム、グラタン、野菜グリル、サラダ、果物、ヨーグルトとパン、デニッシュ等から好きなもを選びます。

082.jpg
私は、オムレツとハム、ベーコンとフルーツを頂きました。

飛行機の中のご飯、旅行中で、一番おいしかったかも・・・・ と思うmamalec
でした。


☆東京に帰って、本当にハッピー。当分、ヨーロッパはパス!!なモードです。☆

・・・・・・・・・・・ああ~ 南国行きたい・・・・・・・・・
スポンサーサイト

イタリア田園生活 帰国前夜

イタリアから帰国する前日、隣街の大型スーパーでおショッピング!


店内は撮影禁止!!055.jpg



の隙をついて撮ったのがこれ!

全部パスタ~。種類がものすごいです(@_@;)
値段は大体1キロで€2.日本の半分ですね。おなじみディチェコはこちらでもポピュラーです。

今回の仕入品は・・・

004_20080411223215.jpg
エスプレッソコーヒー各種 とビスコッティ(のあまり)と子供用チョコ(おみやげ)

パスタ各種(重かった~)005_20080411223225.jpg


スープの浮き実にするような小さいパスタは日本にないのでいろいろな形を購入。南部人御用達の、耳たぶ型パスタ、オレキエッティもあります。

手前の黄色いのは、トウモロコシが原料のポレンタ。鍋でお湯と練って、マッシュポテトやモチ状にして食べます。

007_20080411223247.jpg
エスプレッソーメーカー大中小。うちのがかなりボロくなったので新品購入。
最近の物は蓋部分が透明で中が見えるようになっています。便利!

インスタントリゾットとスープキューブ。006_20080411223236.jpg
リゾットはパパさんの夜食用(^_^;)
スープキューブ、一度イタリアの物を使ってからは日本の物は使えません。濃厚さとコクがまったく違います。お湯で溶かすだけで、本当に美味しいコンソメスープになるし、肉料理のソースとしても欠かせません。パスタソースや野菜料理のコクだしにも使います。

セラミックの皿各種。009_20080411223314.jpg

大きいのは洗面器サイズのボール(笑)。軽いので大きくても扱いやすいんです。
デザインもかわいいでしょ~。料理持ちよりなんかの時にも大活躍します。

010_20080411223332.jpg
普段用テーブルクロスと特別用テーブルクロス。011_20080411223406.jpg
やっぱりこういう物はイタリア最高!
普段用のが€9。来客用のがナプキンもセットで€30。
めちゃめちゃ安いです♪

008_20080411223302.jpg
リキュール2種。食後用です。消化を助けます(から、飲んだ様が良い!?)
その他、生ハム、チーズ、サラミ、お菓子なども大量買いしましたが、写真を撮る前にみんななくなりました(~_~;)

毎回のことですが・・・スーパー以外の買い物って本当にしないmamalecです
(っていうか、スーパーしかないんですが ・・・・・・)


イタリア田園生活 不思議

不思議なことがあります。

パパさんの名前、仮名で、フランチェスコ トッティ(すみません・・・・)とします。
      で、
パパさんのいとこには、あと3人、フランチェスコ トッティ がいます (@_@;)

この地方、お爺ちゃんの名前を長男の長男が引き継ぐ(跡取りだからなのか???)
事がある様で・・・・

義父は4人兄弟。で、この4人はとってもお父さん(フランチェスコ)を尊敬していたのでしょうね。
長男だけでなく、残りの3人も(ちなみに義父は3男)み~んな長男に、お父さんの名前を付けちゃった(笑) 

だから、親類の中に4人のフランチェスコ トッティがいるんです。本当に分りにくい(――〆)

だから、呼ぶ時はみんな必ず 「OOおじさんの家のフランチチェスコ」と呼びます。(面倒くさい)

ちなみにパパさんは「日本のフランチェスコ」と呼ばれることもあります (゜-゜)

066b.jpg
 Bおじさんとこのフランチェスコ

156_20080411223009.jpg
 お店にいるのはAおじさんとこの
フランチェスコ

あと、Vおじさんとこと、パパさんと4人のフランチェスコ。という訳です。


ついでに、パパさんと姫は地元の新聞に載ったことがあります。

遠い異国、日本に住むわが町出身の人がいます>  みたいな記事で。(-“-)(日本は未開の地か!?)



・・・・・・イタリアの田舎は不思議がいっぱい・・・・


追伸    生の空豆。039_20080411222917.jpg
採りたては生で食べるんだそうです。 結構えぐかった(*_*;

イタリア田園生活   お出かけ!!

ある日、姫の友達ママが3組の母娘でのお出かけに誘ってくれました。

本当にうれしかった~~~!! 滞在中初の遠出!!

・・・・と言っても車で30分ほどで着く海ですが・・・・

日々、どこにも行ってないから、日本では考えられないほど大きな喜び~(^_^;)

194.jpg
ここは、イタリアの踵の本当に先の方、トレサンジョバンニ というところです。

夏にはイタリア国内から、リゾート客がたくさん訪れるところです。
近隣で一番お店があるところ&ビーチなので地元の社交場。お出かけスポットです。(唯一の★)

義両親もこのすぐ近くにビーチハウスを持ち、毎年6月から8月はここで過ごします。

???夏休みのビーチハウスのほうが、普段の家より繁華街なのはなぜ???(@_@;)

ここがメインストリート。195.jpg
冬はガラガラですが、夏はここが人でいっぱいになるんですよ~、ガラパンメインストリートみたいに(わかる人はわかる ははは)

196.jpg
バルでジェラートです。 ものすごくカロリー高そう!! ですが美味しい!
着色してないから色は非常に地味ですが(~_~;)
私はイタリアではポピュラーなピスタチオとティラミスにしました。

娘3人。199b.jpg
うちの姫、「いや~! 変わっちゃって~!どこの子ギャル?」と思っていたら、どう見てもまだまだ子供でした・・・・ 隣の2人、今すぐ六本木のクラブ行ってもフリーパスって感じです\(◎o◎)/!

・・・・・・昔、娘だった3人・・・・・・200b.jpg


204b.jpg
こうやって海を見ながらしゃべる。 のが、この街での正しい社交の姿。 の様です(;一_一) 健全と言えば健全ですが…

ドライブして海を見て、楽しい時間が過ごせました。

追伸。。。。。。。。。。。。。

1週間後、パパさんのいとこが「ドライブ行く~??」と誘ってくれたので
「行く~!!」と姫と二人で参加。

               向かった先は・・・・・・・・・・

そう、同じ場所、この海だったのです。035b_20080411222902.jpg


そんでもって、また同じお店でジェラート食べました。(*_*;(もちろん味は変えましたが)

イタリア田園生活 メルカート

街で週に1度開かれる朝市=「メルカート」と言います。
食料品や、衣料品、ベッドリネン、雑貨などが売られています。

150.jpg
縁日みたいですね。

新鮮な野菜が沢山~。151.jpg



靴もこんなにずら~っと並んでいます。152.jpg

ひとつ疑問が… 100円ショップで売っているようなただのスリッパも、結構おしゃれなミュールや皮靴も€5。 良く解らないなあ (*_*;

これパパさんのいとこです。 156.jpg
農園をやっていて、メルカートでは豆類やナッツ、ピクルス等と、色々なキャンディーを売っています。

姫はここで、いつも大量におまけしてもらっているらしいです★158.jpg
 きれいなキャンディーがいっぱい~

155.jpg
干し魚も売ってます。

さすがイタリア。チーズもハムもたくさん。153.jpg
トラック一台にチーズとハムが山ほどおいてあります。

 写真を撮ったら、お兄さんに「なにか珍しいの?」と聞かれました。
日本にはこんなにチーズはないんだよ~ (*^_^*)

正味1時間位の滞在でしたが・・・ 普段の過ごし方があまりにも地味なので、これでもとっても楽しい外出でした。(^_^;)

ある日のごはん。

サルシッチャというイタリアの生ソーセージ。 長~いソーセージです。
184.jpg

暖炉の片隅に置いて、じっくり焼いていきます。
これは、最高!! ワインがすすむ~❤

茄子と、パプリカはマリネ。139.jpg
手前はベルドゥーラという野菜。にんにくオイルでソテーです。

183.jpg
パルミジャーノ とペぺロニ。 ペぺロニ、辛いです。薬味に、つまみに欠かせません。
この入れ物、何だと思いますか??? Mamalecが姫に送っていた、レンジご飯の器です(^_^;) 
義母さん、「ちょうど、使いやすい、いい大きさなのよ~♪」 と全部取ってありました(笑)

物は大切に。 反省・・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。